生徒

一人ちょー可愛い子がいて、ああ可愛いなっていつも思ってたら、その女の子フランス人だった。テンション上がる仲良くなりたいって思ってたら、オクサナちゃんが急にその子と仲良くなりだして私の入る余地なくなる。私、若干やさぐれる

 

先生

相変わらず、ドレス組には個別指導なのでドレス組が先生に反抗しはじめる。基本、オクサナちゃんばかりに教えて、他はそれを聞いて察していく感じ。全員に言わず、他の人に説明した分聞いて察しなさいと。私、何なのあのやり方!!みたいなことを他の生徒に愚痴って先生に嫌われはじめる。

 

授業 六日目~十日目

課題のドレープドレスは諸事情により裾は放置。

次の課題は、おのおの好きな写真イラストを探してきて、そのドレスを作る。

私は、期間中に完成させたかったからシンプルなドレスを選ぶが、最終まったく別物になる。

見頃 ↓

胸全体がドレープのデザインなのでボディに沿わせてドレープを作っていく。極厚生地だったので、先生がどこからか探し出してきてくれた薄い生地でやり直す。

オートクチュールの特徴は、はぎ目を作らないことらしく後ろ中心は地の目通ってなくていいってのがカルチャーショックだった。

スカート ↓

サーキュラーにしたかったけど、布が少なくはぎ目部分がペタンとして変って言われて変更。トレーン付きのスカートになった。

先生がやってくれたんだけど、さすが手慣れてる私じゃ絶対できない。

後ろ中心は、自分で決めた。トレーン部分は生地が足りないので継ぎ足し。継ぎ足す場合地の目をそろえる。

襟 ↓

どうしようか悩んで相談したら、端切れでタック作って襟にしてくれた。自分じゃ絶対作らないような形だからちょっと面白かった。ドレープスカート用に作ったウエストベルトのリボンが可愛いから、おんなじようなの作って付けたらどう?って提案してくれて、どれも素敵だから言う通りにした。

 

結果、自分じゃ絶対作らないようなドレスが出来上がったけど、満足してます。趣味は違うけど、センスがいい先生。趣味違うのに、納得させられちゃうってわたし初めてかもしれない。

色々あったけど、いい先生でした。

 

 

 

番外

ドレス組、ホースヘアーが手に入らなくて課題のドレス一時中断。

先生の察しろで、みんな次の課題に取り組む。私は、理解できなかったし完成させたかったのでまわりの状況に混乱。

休み前に、「裾にホースヘアー付けて広げるからね」って言われて楽しみにしてたのに。「なんなの?みんな完成してないのに何で?」って、オクサナちゃんに言いに行ったら、わからないけど今のは置いて次に進んでるらしい。(そいや、授業始まる前に、オクサナちゃんと先生が何か言い争ってたのその件だったのかも。)

私が文句言ってたの聞いてたのか、先生が来て裾の仕上げの手順を説明してくれた。何でホースヘアー入れないのか聞いたら、他の人が大量に買ってもう手に入らなくなったらしい。ここで、やっと先生の方針を理解した私は大人しくなる。

先生に、いつ手に入るのか聞いたら、わからないって。何か手段知ってるって聞かれたので、社交ダンスの会社が、パリにあるからそこならあるかもしれないって教えてあげた。

以後、先生が私に優しくしてれるようになる。

状況を察した私は、次の課題に取り組む。「バレンシアガにしなさい」っていう先生の指令をガン無視してディオールのドレス作る。最終的に、参考写真とまったく別物のドレスに仕上がる。

トラブルがあったせいで、ドレス組は想定通りに進まなかった。みんな、未完成のまま終わった感じ。先生は、家で仕上げて来てねって感じで言ってたけど、持ち帰った時点で作った形保てないことみんなわかってるのかな?

経験者と未経験者がごっちゃになってたせいで、授業がうまく進まなかったのかもしれない。それと、先生の方針が掴めなかった。