生徒

 

みんな少しづつなれてきて、どんな人かわかってきた。個性強い人大人しい人色々います。一人ちょー可愛い子がいて、ああ可愛いなっていつも思ってます。まぁみんな可愛い。

 

先生

第一印象と違って、なかなか癖の強そうな方でした。

スーツ組とドレス組に分かれてるんだけど、ドレス組にちゃんと教えてくれないのでみんなどーしたらいいのかわからず困ってます。あと、えこひいきする。私のフランス語が悪いのか英語で会話してて、ああせっかくフランス語勉強したのになぁーって思ってます。モリハナエで、働いてたそうです

 

 

 

授業 二日目~五日目

それぞれの進行具合がバラバラになってきて経験者の私とオクサナちゃんが、先にどんどん進んでいく感じ。オクサナちゃんの方が早かった。

ビスチェ続き。

ビスチェ胸部分 ↓

トワールを組んで、縫う。カーブ部分は三角の切込み入れて沿うように。見頃とカップのはぎは、一度仮縫いして様子みてから、ふちをコバステッチ。

ビスチェボーン ↓

見頃の縫い代全部、ステッチで抑える。0.8のボーンが入るようにしないといけなかったけど幅が狭すぎてバイアステープで代用。

通常、共布でバイアステープ作るけど時間がないので既成のバイアステープを縫い代に縫い付けてボーン入れる。ボーンは、両端1cm短くなるよう切る。

ビスチェ見頃 ↓

裾部分見返し縫う。見返しは、トワールでドレーピング、紙のパターンに写す。字の目は、生地に対してバイアス。ビスチェと縫い合わせた後、かさばる部分は梳いてその後コバステッチ。

 

見頃 ↓

ドレスの見頃とスカートのドレーピング。とにかく、タイトに後でずたずたに切り裂くのでダーツはどこでもいい。全部縫い合わせて、ボディに着せる。

 

ドレープ ↓

見頃にペンで直接ドレープのラインを書き込む。まず見頃から。スカートを切り離し、ペンのラインを参考に見頃を切って展開し平面にしていく。別の生地に写し裁断(前見頃と後ろ見頃あったものが一枚の布に)。ボディに着せてドレープをつくる。

続いて、スカートも同様。スカートは裾にホースヘアーで裏打ちするからかなりボリュームが必要なので生地1.5mくらい使った。裁断するとき、ドレープ部分は縫い代多めに残す。一度組み立てた後、とれーぷの線を鉛筆で印付ける。縫い代も1cmにそろえる。再度、ボディに着せて組み立てる。

 

今週はここまで。

 

〇補足〇

見頃のドレープのやり方がいまいちつかめなくて、先生が代わりにやってもらったんだけど、Tu peux pas des pince ? ×4 (君はダーツができないのか?)って繰り返して言われて戸惑った。なんのためらいもなく、ばしばし布切って傍目に「あーーやめてーーー」って思った。バイアスで見頃に沿わすから、後ろ見頃縫い代足りないじゃないかーーと思ったら、剥いでOKらしい。