アウシュビッツビルケナウ収容所

あるきっかけで、アウシュビッツに行った時の写真を見返す。

色々考えさせられる。

私は誰かに何かを主張したいっていう気持ちが薄くなって、それでも伝えなきゃいけないこともあるのはわかってるんだけど。

 

ネットで拾った文章だけど、ハッとさせられたので。

 

 

いま、私たちの心の中に、「優秀な人間」と「だめな人間」とを分けようとする考えがないだろうか?
みんなとちがう意見をいう人を「じゃまなやつ」だといって、仲間はずれにすることはないだろうか?
強い者にきらわれたくなくて、いけないことが分かっているのに、やってしまうことはないだろうか?
自分さえ得をすれば、「他の人なんかどうでもいい」と、思うことはないだろうか?
あの時のように…
アウシュヴィッツは、狂った人びとが、まちがえて作ったものではなかった。ドイツ人がどうかしていたのでもなかった。
ただ、自分が困った時に、もっと困っている人びとを思いやれなかった。自分さえよければ、他の人がすこしくらい苦しんでも、すこしくらい死んでもしかたがないと思っていた。
自分が優秀で正しいと思うあまり、自分がほんとうはなにをしているのか、分からなくなっていた。
もしかしたら、アウシュヴィッツで罪をおかした人びとは、みんなどこにでもいる、ふつうの人たちだったのではないだろうか?
私たちと同じように…
アウシュヴィッツはほんとうに終わったのだろうか?
ガス室は、ほんとうに消えたのだろうか?
120センチの棒は、もうないのだろうか?
私たちの心の中に、アウシュヴィッツは、ほんとうにないのだろうか?

青木 進々著『アウシュヴィッツの子どもたち』(グリーンピース出版会)より引用