ワーホリまとめ

一年あっという間の一年。色々あったなぁ。

ちょっと、まとめてみよう。

 

4月 / Dijon

ディジョン市内のアリアンスフランセーズに通う。生徒数が少ない分、自分のレベルにあった授業内容じゃなかったので、あまり理解できなかった。女子寮の生活が楽しかった。寮のマダムが優しかった。

 

5月 / Dijon

ディジョン市内のアリアンスフランセーズに通う。女子寮生活は楽しかったけど、食べるものがなくなり(というか、何を食べればいいかわからなく)ホームステイを希望する。ホストのマダムが、優しかった。フランスで生活する知恵をたくさん得られた。

 

6月 / Bordeaux

ボルドーの田舎で、WWOOF体験。フランスの田舎生活は、新鮮だった。BIOの必要性を知り、農業と環境に関心を持つきっかけになった。以降、BIO製品を買うようになる。移動の途中、パリとナント観光する。そして、ナントでストライキに巻き込まれ、パリ経由でボルドーに行く羽目になる。怪我の功名、アンジェ観光できた。

 

7月 / Lyon

大学付属の語学学校に通う。世界中から学生が来てて、授業の質が高かった。生徒が多い分、個人のレベルに合わせた授業内容なので理解度が高かった。友達できた。リヨンに、移り住んですぐ、財布盗まれクレジットカード悪用される。

 

8月 / Lyon

大学付属の語学学校に通う。財布盗まれたせいで、ひもじい生活を送る。呪われてるのかと思うくらい、厄介ごとに巻き込まれる。忍耐だ!と思って、ひたすら単語覚えまくったことが、後々功をなす。

 

9月 / 日本一時帰国後、Paris郊外

リヨン滞在中に、ほぼ決まってたパリのアパートが、土壇場で他の人に決まってしまう。一時帰国中に、パリで済む場所が見つからなければフランスに戻るのは諦めようと思ってたけど、ギリギリでパリ郊外の日仏カップルのレジデンスで間借りすることに決まった。これが、地獄だった。ロンドン観光。

 

10月 / Paris

パリ16区のスチュディオに住む(10月中旬)。家賃が、予算オーバーだったけど、地獄の間借り生活から早く脱出したかったこと、部屋と周辺環境がすこぶる良かったので入居した。そして、仕事探し思うように行かず。

 

11月 / Paris

ファッション関係の仕事は半分諦め、日本食レストランも含めて仕事探す。色々ありーので、近所の和食レストランで働く。もし、家賃が予算内で、働かなくても貯金残るくらい余裕があったら諦めなかっただろうな。

 

12月 / Paris

秋頃から、皮膚病を患い何度も病院に通う。仕事して年越す。まかないが、そばだったと思う。働きながら、ルサージュに通おうと思ってたけど、リュネビルの刺繍学校でスタージュ募集してるのを知り予定変更。帰国前の3月、リュネビルに移ることにする。ポーランド観光。

 

1月 / Paris

スチュディオの隣人のフランス人と仲良くなる。理解の範疇を超える、彼女の親切さに驚愕する日々。職場のフランス人の女の子と仲良くなる。帰国間際に、ようやくフランス人の友達ができる。

 

2月 / Paris

12月はじめから、銀行口座開設に煩う。最終的に、開けなかった。パリに住む日本人は心底信用できないと悟る。クレルモンフェラン、ヴィシー観光。温泉入る。2月末、アパート退去

 

3月 / Luneville

ヴェネチア観光。リュネビルで刺繍。週末に、リュネビル周辺を日帰り観光(ナンシー、ストラスブール、メッス)。チェコ観光+ビーズ大人買い。パリ観光+ビーズ屋巡り。隣人イザベルと涙のお別れ。そして、帰国。

 

 

 

 

色々あった一年だったけど、最後いい思い出が出来てよかった。

終わり良ければ総て良し!!

 

フランスに居る間は、自分の事で、いっぱいいっぱいであまりブログ書けなかったけど、日本帰ってから思い出しながら記事書けたらいいなぁー。乗り継ぎのドバイにて。