読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Haute couture s/s 2017

今日から、本格的にオートクチュールコレクションが始まります。

 

テロを警戒して、会場は非公開。

Diorのみ、ストリーミングでライブ配信。

 

大好きなDior。しかも、ようやく決まった新デザイナー。私はツイッターで開催場所を突き止め、偵察に行きました。

ショー開始、1時間半前に会場のロダン美術館に到着。人はまばら、警察の警備は手薄、閑散としてて拍子抜けです。ライブ配信を観るため、すぐにスチュディオに戻りました。コレクション会場は、マスコミやパパラッチがわんさか居るイメージだったのに、想像してたのと全然違って驚きです。ショー終了後は、また違ったのかも。。

 

コレクションは、新デザイナーの個性が出てましたね。

少女らしい、可憐な感じ。もう少し、凛とした大人の感じがあってもいいかなぁ。会場の美術が、溜息出るほど美しくて、服ともマッチしてて素晴らしかった。あの空間で、一つの芸術作品に仕上がってました。

 

ニュースの記事抜粋。

Une robe de cocktail écrue à franges, sur laquelle ont été brodées des fleurs en raphia, a nécessité 1.900 heures de travail

ざっくり言うと、「一着のドレスの刺繍に、1900時間掛かった」って書いてます。

 

すごい世界です。オートクチュールって。

ちなみに私、3月、このオートクチュール刺繍の発祥の地、リュネビルで刺繍のスタージュします。

広告を非表示にする