読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何でわざわざ問題を複雑にするんだろう?」

日本に居た時、よく思ってました

「何でわざわざ問題を複雑にするんだろう?」って。

 

日本を脱出したら、違った視点から日本が見えて不思議な感じです。

まず、フランスに住んで感じたのが、彼らの諦めの速さ。

気候が関係してるのか?ってちょっと思ったり。フランスは、すごく乾燥してるから性格もカラッとしてて、日本は、湿気が多いから性格も、ジメジメしがちなんじゃないかと。

他に、問題が起こったときの対処法も違います。

フランスは、何か問題が起こったとしてもそれぞれ自分の役割を把握して無駄なく動いてます。

日本は、全員で慌てる感じですね。

色々絡んで結局、肝心の問題がはるか彼方に追いやられてることもしばしば。

 

私の、主観ですがね。

 

でも、結局は個人の問題になるから、ステレオタイプで人間を判断したら、当てはまらないごく少数の人が可愛そうですよね。

以前、ファームステイしたときに聞いた話ですが、フランスにも、日本人以上にきっちり時間を守る人がいるんですって。そういう人は、絶対に約束に遅れてこないそうです。でも、大多数は時間にルーズ、というか相手のことを考えてないです。

自己中心的とは、ちょっと違う。

自分の気持ちに素直に生きてる感じ。きっと、それでフランスは上手く回ってるんです。

 

どこの国にも、大多数とそれに馴染まない少数の人間がいるんです。

そういう人は、なんでこんな国に生まれたんだろう・・・って嘆いてるんですよ。

気質と言うんでしょうか、私自身、住んでみてフランス人の気質に合ってる思いました。でも、フランスに住むのは色々と難しいと思います。