4月のまとめ。

4月のディジョンは、寒いです。

凍えている私のそばで、語学学校の先生は「暑いわ~」って言ってたり。店の中を、タンクトップでうろついてる女の子が居たりして、きっと体感温度が違うんでしょうね。それから、空気が乾燥してるんで濡れたタオルを干すとすぐに乾きます。

街を歩くと、犬のフンだらけなんですが、それが不衛生にならないのは乾燥した気候のおかげで、その他いろいろ気候の違いで生活が異なることを実感しています。

 

ディジョンは古い街なので、ゴシック調の大きな教会があり、中世の雰囲気がどこか物寂しく感じます。ワインやマスタードなどの特産物で潤ってるから豊かな地域だそうです。その影響で移民が少なく、白人率が高いです。

街で店に入ると店員が英語で話しかけてくれるので、きっと観光客と思われてるんでしょうね。ディジョンは観光の名所でもあります。

フクロウが街のシンボルで、至る所にフクロウが居ます。

その元になったフクロウは、ノートルダム寺院の外壁に彫刻されてて触るとご利益があるらしいです。フランス版ビリケンさんです。

 

そんなディジョンで暮らしてもうすぐ一か月経ちます。2週間程パリに滞在したことがあるんですが、その時気付けなかったことを、この一か月で実感してます。

20代の内に、海外で生活する経験ができてホント良かった。まだまだこれからですが。

  

語学に関しては、日本でもっと勉強してくれば良かったって後悔してます。

ワーホリ取得する前に、観光ビザで語学学校に通って、要領を得てからワーホリ挑めばよかったなぁって来てから思いました。

いずれにせよ、もう来てしまったのだから何とか頑張るしかないです。

 

私の最終目標は、Diorのアトリエで働くこと。

本当に難しいことだけど、この1年で少しでも近づけたらいいなぁ。

広告を非表示にする