Haute couture s/s 2017

今日から、本格的にオートクチュールコレクションが始まります。

 

テロを警戒して、会場は非公開。

Diorのみ、ストリーミングでライブ配信。

 

大好きなDior。しかも、ようやく決まった新デザイナー。私はツイッターで開催場所を突き止め、偵察に行きました。

ショー開始、1時間半前に会場のロダン美術館に到着。人はまばら、警察の警備は手薄、閑散としてて拍子抜けです。ライブ配信を観るため、すぐにスチュディオに戻りました。コレクション会場は、マスコミやパパラッチがわんさか居るイメージだったのに、想像してたのと全然違って驚きです。ショー終了後は、また違ったのかも。。

 

コレクションは、新デザイナーの個性が出てましたね。

少女らしい、可憐な感じ。もう少し、凛とした大人の感じがあってもいいかなぁ。会場の美術が、溜息出るほど美しくて、服ともマッチしてて素晴らしかった。あの空間で、一つの芸術作品に仕上がってました。

 

ニュースの記事抜粋。

Une robe de cocktail écrue à franges, sur laquelle ont été brodées des fleurs en raphia, a nécessité 1.900 heures de travail

ざっくり言うと、「一着のドレスの刺繍に、1900時間掛かった」って書いてます。

 

すごい世界です。オートクチュールって。

ちなみに私、3月、このオートクチュール刺繍の発祥の地、リュネビルで刺繍のスタージュします。

広告を非表示にする

ブローニュの湖面、凍る。

連日の寒さで、湖面凍ってます。

 

幻想的な光景に、急いでカメラ取りに戻りいくつか写真撮りました。

被写体の素晴らしさ。被写体って大事。

 

パンを食べるヌートリア

水に浸して食べる、頭の良さ。お母さんと子供2匹おりました。

 

f:id:novembre1117:20170122160823j:plain

 

f:id:novembre1117:20170122160824j:plain

f:id:novembre1117:20170122160825j:plain

 

ラジコン追いかける犬。

終始滑りながら、爆走するラジコンを追いかける姿が愛らしく健気。

 

f:id:novembre1117:20170122160822j:plain

 

厚さ10センチ以上あったんじゃなかろうか。氷の上に、余裕で立てるくらい。

お母さんと子供が微笑ましい。

f:id:novembre1117:20170122160826j:plain

f:id:novembre1117:20170122160827j:plain

 

f:id:novembre1117:20170122160829j:plain

f:id:novembre1117:20170122160828j:plain

Bonne annee 2017 !! 現状報告とフランス語考察

パリの天気。今週一週間ずっと、最低気温がマイナス。

 

側溝の水が凍ってます。外は、冷蔵庫です。

ちなみに、本日の気温は、最高1℃ 最低-4℃。

 

セーヌ川凍ってんじゃないか?

 

年明けて、ワーホリ期間も残りわずかになりました。

住むところも、仕事も見つかって、普通に生活してはいるものの、その中で色々あります。折角の、貴重な経験なのだからブログに書き残さないと!!って思うものの、書き出すとキリがないので書ききれない状況です。

 

ざっと、、

・パリで働く

・皮膚病を患い病院通い

・フランス人女性の隣人と仲良くなる

・同僚のフランス人に誘われ、怪しい宗教施設に行く

・銀行口座開設に、煩わされる

 

などなど。

どれも、詳細を書くと長くなる。

いつか、記事にしたい。希望。

 

そして、フランス語について。

仕事しながら、実践でフランス語を使い、休みの日に語彙力を増やすってことをやっているお陰で、語学力がそこそこ上達したと思う。

上達したら、今まで外国人の立場でフランス語に対する疑問を持ってた部分が、逆にフランス人の立場で理解できるようになった。

・よく使う言葉ほど、例外が多い

・名詞の性別がある理由

実際に、自分が喋ったり聞いたりしていると、その必要性がよくわかる。

例外が多いのは、よく使うから。学習する立場から考えると、いちいち例外を頭に入れなければいけないのが面倒に思う。でも、実際喋ってみると例外を丸暗記すればいいことに気付く。なぜなら、頻繁に使うから。そう思うと、面倒くさいって思ってたことが、実は間違いだったと気付く。

名詞の性別、いわゆる冠詞について。男性、女性の区別があるお陰で、単語がある程度特定できる。そして、たくさんある単語の中で、名詞の性別から言葉を導き出すことだってできる。便利な道具みないな役割。名詞の後付けで冠詞を覚えようとするから、途方も無いような気がするけど、実は色んなアプローチの仕方で覚えることができる。人が話してるのを聞いて、あの単語「mon」って言ってたから男性名詞だろうなって予想できる。それを、積み重ねていくと今度は、冠詞から単語を連想できるようになる。となると、冠詞で言葉を特定しやすくなる。膨大にあるフランス語語彙のために、フランス人は冠詞に頼っているため、冠詞がないと伝わらない。

君の名は

昨日、シャンゼリゼ通りの映画館で「君の名は」を観て来た。

 

フランスで、日本の映画を見るって不思議な感覚。座席は、7割くらい埋まってたので評判は上々かな?フランス語字幕だったけど、観客笑ってたから、笑いのツボは一緒なのかも。日本語ってどんな風に、聞こえてるんだろ。

ugc illimite を、買おうと思ってたのに、最短一年だった。

ちなみに、

VOstF→フランス語字幕

VO→フランス語吹き替え

今回行った映画館は、チケットを、軽く手で千切るところでした。

フランスは、こういうところ多い。

 

 

元旦は、シャンゼリゼ通りが歩行者天国だった。

カメラ持って行くの忘れたわたし、バカ野郎!!

 

 

広告を非表示にする

iPad紛失したので、一応警察に行ってみたレポート。

 

シャンゼリゼ通りからほど近い、警察署へ。見てると、次々人が吸い込まれていく。みんMarche de noëlで、何しか盗まれた人々だろうか??

警察署に入る前に、セキュリティがあって、そこを通過しないといけないらしい。勇気を出して、警察の兄ちゃんにフランス語で話しかけてみる。

 

私のフランス語、通じなかった。兄ちゃんこんな顔してた→(゜_゜)

仕切り直し、英語で伝える。

事情を把握した、兄ちゃんに「どこの国から来たの?」「パスポートは持ってる?」って質問され。最後に、身体チェック(危険物を持ってないか?)され、警察署の中に通された。でも他の人、身体チェックされてなかったけどなぁ。。

 

中には、警官が二人。

セキュリティの時と、同じように説明したんだけど、はじめに“ LOST ”って言ってしまったのが良くなかった。。その後、多分スリだと思うって言ったのに、警官さんは、

 

「You are lost. Sorry. See you. Bye-bye (二人共笑顔)」

 

雑すぎるだろが!?まるで、子供扱い。

もう、ええわーい(; ・`д・´)って、私は、警察署を後にした。

 

 

 

溜息付きながら、セーヌ川沿いを散歩。

チュイルリー公園に、流れ着きちょっと疲れたので噴水の近くのベンチで休憩してると、通りすがりのじいちゃんに話しかけられる。

最終的にナンパされる。孫ぐらいの娘に、恋人にならないか?わしフリーだぜ!って言い寄れるって、さすが愛の国フランス。あっぱれ。

パリのクリスマス。もとい、ノエル。その2

ノエル当日。

 

今日も、velib(パリのレンタル自転車)を乗り回す。

普段は、車だらけで自転車に乗って車道を走るのは怖いけど、今日は独り占めできるくらい車がなかったです。パリの道路を、自転車で滑走するって贅沢。

 

昨日と打って変わって街は、人で溢れてました。

しかも、大体が家族連れで。普段とのギャップに、度肝を抜きます。

心底思う、フランスのnoëlは、日本の元旦だ。 réveillonは、大みそかだ。

文化風習が違えど、やってることは然して変わらない。

 

夕方以後、普段のパリに戻ってました。

普段と全然違う、パリで楽しかった。iPad盗まれたけど。。

パリのクリスマス。もとい、ノエル。

楽しみにしてた、ノエル。Noëlは、フランス語でクリスマス。

 

パリのノエルは、日本人が想像してる真逆です!!

日本みたいな、お祭りムードを想像しちゃヤケドしますから!!!

 

私自身、パリのノエルは静かだって知ってたけど、これほど閑散としてるとは思ってなかった。特に、夜なんて店はどこも早く閉まるし、街をうろつくのは、観光客のアジア系や、柄の悪い中東系の人たちばっかり。普段よく目につく、黒人さんもあまり見かけなかったのも、不思議でした。

 

「街から、キリスト教徒が忽然と姿を消した」そんな表現がぴったり。

 

唯一、賑わってたのが、シャンゼリゼ通りのMarche de Noël(マルシェドノエル)。そこでも、明らかに観光客だらけ。どこから、湧いて出て来たのか?ってくらい、アジア系特に、韓国人率が高かったです。飛び交う言葉は、意思疎通の困難なレベルの英語と辛うじて通じるフランス語たち。もはや、この場所はフランスじゃない。

 

そして、観光客の集まるところに犯罪ありです。私、iPadmini盗まれました。

初代iPadmini 16G wifiモデル尚且つ、パスワードロック掛けてたので、あまりのポンコツ端末に、盗んだ犯人はどっかに捨てたんじゃないか?と推測してます。

昨日からずっと、「iPhoneを探す」はオフラインのままです。

 

パリのノエルの現実を知り。iPadmini盗まれる。

残念な私に相応しい、今年のNoëlでした。