読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の力量。

大は小を兼ねる。

人生経験は、あるに越したことない。

 

自分の力量を把握すること。

力量以上のことを、しようとするから無理が生じる。無理しないってことも大事なのかしら。

 

今まで、できてなかった。

 

フランスに来てから、フランス語にかなり苦戦してる。

今の自分の語学力では、フランス語が必要な場面で臨機応変に対応できない。何か相手に要求する場合、すぐに行動できない。やってみたら、意外とうまくいくかもしれないのに、頭と心が付いていかない。

 

根がいい加減だから、嫌なことはできれば後回しにしたい。

ある時、嫌なことから逃げてたら、大きなツケになって自分に降りかかることに気が付いた。そして、逃げ出したい時でも、立ち向かう決意をした。逃げるor戦うの選択に出くわしたら、戦うを選ぶようになった。

自分自身はしんどいけど、生きるのは楽になった。

 

だんだん、気が緩んでそのときの感覚を忘れかけてたのか、今またしんどい。

周りのワーホリで来てる子達を見てると、みんな人に頼るのが上手だなって思う。もし、私もうまく人に頼ることができたら、自分のフランス語力のなさをカバーできてたのかもしれない。できないので、今は自分で乗り越えるしか方法がない。

 

また改めて、戦うを選択していかなければ。

広告を非表示にする

Generator Veniceに泊まったよ。

ヴェネチア本島の対岸ジュデッカ島にある、ホステルに泊まってます。

 

ジェネレータ―って言う、ヨーロッパ各地にある大規模なホステル。システム化されてるなぁって感想です。ホステルって、長期滞在者のために、キッチン、ダイニング、リビングが付いてるものだけど、ここのホステルはないです。

ベットルームでの、飲食禁止。

その代り、一階がラウンジ兼バーになってて、そこで飲食できます。夜は、宿泊客より、地元の客の方が多い。持ち込みは、もちろん禁止。宿泊客のための割引サービスもなし。

条件悪いですが、泊まってみて私は気に入ったし納得です。

 

宿泊料がかなり安い。

仕組みが簡単。

必要最低限の設備。

 

無駄を極限まで省いた結果、こんなホステル出来上がりました。って感じ。

 

親切なホステルのスタッフ。掃除も行き届いてる。キッチンなどの設備を、思い切って省いた結果、コストが抑えられてるようです。

そして、ラウンジやバーで、宿泊客にお金落としてもらえる。地元の一般の客も、お金落としてくれる。なんで、無駄にお金使わないといけないのに満足できるかと言うと、居心地がいいから。センスのいいインテリアとBGMのバーで、値段も良心的だったらお客さん来ます。ホステルで、自炊できないってかなりデメリットだと思うけど、そうすることで長期滞在者をあえて受け入れないようにできる部分は、逆にメリットになってる気がする。長期で居ると、馴れ合いが生まれやすいし、そうすると短期で泊まる客は居心地が悪くなってしまう。客を、短期滞在者に絞ることで、そんな煩わしさを回避出来てるんじゃないかと。ターゲットを、自ずと絞る経営戦略ですな。

 

この形態だと、ヨーロッパのみならず、全世界に広がっていきそう。

 

そそ、なんでこの記事を書いてるのかと言うと、、

同じ部屋の人(隣のベットの人)が、オイルサーディン食べだし、おまけに床に汁こぼして部屋が魚臭い。。故に、ラウンジに避難しているのです。

せめて、部屋の外で食べてくれ。。

ホステルの困るところは、稀にマナーの悪い人が居ること。これは、運です。

 

f:id:novembre1117:20170308183904j:plain

f:id:novembre1117:20170308183905j:plain

3階の部屋は、天井が高い。

f:id:novembre1117:20170308183907j:plain

ヴェネチア映画祭のリド島へ。

リド島には、ビーチがあるらしい。そんな、情報を聞きつけリド島に向かった。ヴェネチア映画祭が、開催されるセレブな島。どんな、ゴージャスな島なんだろう!!って、期待に胸を躍らせて行ったら、予想と全然違った。

 

 

最寄りのバス停で下車。公道を歩くと、一本の遊歩道。小脇に、枯れ草が生い茂る道を突き進むと、ビーチが見えた。何もないし、人もまばら。

わぁー海だ!!うん?あれ?なんか違う…

この世の果て感。。。

 

f:id:novembre1117:20170303212759j:plain

f:id:novembre1117:20170303212803j:plain

f:id:novembre1117:20170303212804j:plain

f:id:novembre1117:20170303212800j:plain

f:id:novembre1117:20170303212802j:plain

f:id:novembre1117:20170303212805j:plain

 

バス停付近も、なんか寂しい。

f:id:novembre1117:20170303212806j:plain

f:id:novembre1117:20170303212807j:plain

f:id:novembre1117:20170303212809j:plain

 

これは、ちょっとお気に入り。

f:id:novembre1117:20170303212810j:plain

 

 

ヴェネチア本島の写真は、のちほど。

ぼったくられたのか?と思った話。

とりあえず、今日の話。

 

只今、ヴェネチア旅行中です。ヴァポレットっていう船の、3Days券を買ったので、元を取らねば!!と、夜のサンマルコに出掛けた。ちょっと散歩のつもりが、迷路みたいな路地にレストランがいっぱいあって、呼び込みが面白かったので散策してみた。どこのレストランの呼び込みも、日本語堪能で「ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さん」って、日本人の私でも誰のネタか忘れた芸人のネタで呼び込まれたり。「イカ墨パスタ~~ボンゴレ~~あるよ~」って、日本人が好みそうなものをおすすめしてくる。イタリア人特有の陽気さの賜物ですね。

 

路地をどんどん進んで行くと、人通りの少ない道に入って行った。一軒のレストランのメニュー見てたら、店員の兄ちゃんに声掛けられた。いっぱい歩いてちょうどお腹空いてきたし、食べたかったイカ墨パスタがあったから入ることにした。

 

初めは大したことない。メニュー持ってきて案内してくれた。

私は、イカ墨スパゲティ(以下:イカ墨)が食べたかった。

でも、彼は、シーフードパスタをごり押ししてきた。値段が書いてなかったので、尋ねたら100g9ユーロという謎の価格設定。

私は、イカ墨をお願いした。

彼は、イカ墨はないから、シーフードスパゲティはどう?って、またごり押ししてきた。イカ墨は諦め彼のおすすめを選んだ。

彼は、プロミスって連発してたけど、何のプロミスだよって内心思ってた。きっと、美味しいよってことだろう。

 

そして、出てきたのは、どう考えても一人で食べきれないであろう、山盛りのシーフードスパゲティ。

隣の席の、カップルも可哀そうに…って顔してた。

グラム換算の料理で、あり得ない山盛り。

 

これは、ぼったくりレストランに入ってしまったか?!カモにされてしまった。。

感じいい兄ちゃんと思ってたのに。

とりあえず、いくらなのか聞いてみた。25ユーロだった。

しかも、後から入ってきた客にイカ墨出してるし。

 

確実に、半分くらいしか食べきれないだろうスパゲティに、25ユーロ。しかも、イカ墨あるじゃん!!

ありえないので、抗議した。

 

「全部、食べきれないから半分にしてくれ。」

すると、彼は、「ノープロブレム」と満面の笑みで答えた。今思えば、「おいしいからこれくらい余裕で食べられるよ☆」のノープロブレムだったのかもしれない。

私「多いYO!!」

彼「ノープロブレム!!」

このやりとりを、3回くらい繰り返した気がする。

 

最終的に、半分にしてもらった。

 

やり取りの間に、やわらかな麺になってた。味は確かにおいしかった。

私が、パスタ食べてる間、問題の兄ちゃんとその上司がなんか揉めてる。カウンターの兄ちゃんも混ざって、話し合ってる。

上司のおっちゃん、まるで喜劇役者みたいだった。

カウンターの兄ちゃん、私に気を使ってくれてる。

 

イタリア語だから、何話してるのか全然わからないけど、私のこと話してるみたい。

 

レジで、会計したら20.5ユーロだった。

スパゲティ自体、15ユーロ。

泣く泣く、高額払うつもりで居たから、拍子抜けした。

 

どうやら、ぼったくりではなかったらしい。

レストランを出て、船着き場まで行くのに迷ってたら、レストランの兄ちゃん達に遭遇。入口が二か所あって、反対側の入り口の前を通ったらしい。

例の兄ちゃんに、船着き場の場所を聞くと、肩組んで「オールストレート、2ミニッツ」って教えてくれた。

 

彼は悪い人じゃない。ただの典型的なイタリア人の兄ちゃんだ。

西洋と東洋の違い。

海外で、暮らすと西洋と東洋の違いを考える。

欧州に居ると、自分は外国人の扱いを受ける。見た目の違いで。

 

嫌でも、アジア人なんだなぁって自覚する。

白人率が高い中で、アジア系の人を見ると仲間意識を感じる。ワーホリで、そこそこ長い期間、ヨーロッパで暮らしたから実感できる違い。

旅行で、数週間ヨーロッパで暮らした時には、深く考えなかった。今は、私はアジア人だって意識するようになった。

 

色んな世界がある。

 

日本は特殊。。島国である故。

 

ヨーロッパは、大陸だから、電車、バス、車、自転車、飛行機、船…etcあらゆる手段で、国境を越えて別の国に行ける。そこは、言葉も文化も風習も違う。通貨も違う。

簡単に行き来出来るのは、平和な現代だからこそなのかもしれないけど。

何にせよ、島国の日本じゃあり得ない。

 

日本だけで暮らしてる人は、こんなことを知らないまま死ぬのかしら。

むしろ、日本に限らず自分の国しか知らず、死ぬ人って意外と多いのかしら。

この、不思議な感覚は何なんだろうか。

広告を非表示にする

美味しいもの食べて帰る。

フランス時間16:20、無事マネパカードにチャージ出来ました。

 

ホテルも、宿泊代引き落としてくれてたので一安心。

にしても、もう帰るで!!って時に、お金使えるようになってもねぇ。。。

ひもじい旅だったけど、楽しかった。

 

自由にお金使えるのはいいけど、日曜はどこも店閉まってる。

パリに帰るバスの時間が、23:30。時間だけが、無駄にあるのに時間つぶすところが限られてる。そんな中、カテドラルの近くに素敵なカフェを発見。

Oh My cup。

お母さんと娘で、お店してるみたい。

よく働く娘さんで、切実にこんな娘が居たら幸せだろうなぁって思った。お母さんは、物静かだけどしっかりしてて、娘が終始、ママンって言ってたのが可愛かった。

キャロットケーキ、シナモンが効いてて美味しかった。

内装が、ごちゃごちゃしてるのに、違和感ないって凄い。

 

f:id:novembre1117:20170219204851j:plain

f:id:novembre1117:20170219204850j:plain

 

 

 

折角だから、オーヴェルニュの料理を食べよう。

レストラン前のメニュー表見て、決めた。Le LION。ホテルのレストラン。

注文したのは、Cassolette Auvergnate。

カスレットは、鍋で煮込んだ料理。オーベルニュ感は、チーズ。

チーズの塊が、そのまま入ってて。少なく見えて、量があり食べきれなかった。じゃがいもに、火が通り切ってなかったのが残念だったけど、美味しかった。

 

f:id:novembre1117:20170219204853j:plain

f:id:novembre1117:20170219204854j:plain

f:id:novembre1117:20170219204852j:plain

 

 

 

 

只今、バス待ち。

早めに、バス乗り場に行ったけど、寒い中、外で待たないといけない。周りに、店らしい店がないので、セントルビル(中心街)のマクドで待機中です。

トラムで、バス乗り場に行くとき。紙幣とカードが使えなくて、切符が買えなかった。トラム内に、係員が居たので「切符買えないよー」って訴えたら。最終的に、「Desole(ごめん)」で済まされた。でも、その後「C'est ma cadeau(プレゼントだよ)」って、切符タダでくれた。超いい人。

フランスに来てはじめての夜行バス。満席で、窮屈だった。

パリ到着が、5:30。

メトロもトラムも、動いてない。メトロは、入口すら閉まっててみんな外で待ちぼうけだった。私は、自転車で帰った。早朝は、車が少ない。黎明のパリ。

f:id:novembre1117:20170220065252j:plain

f:id:novembre1117:20170220065253j:plain

ヴィシー観光。

ヴィシーいい感じでした。

私の好きなベルエポック。時代に取り残された雰囲気に、郷愁を感じます。

 

温泉水汲み放題の広場。source(スルス)

5種類の温泉水が無料で汲めます。私は、ペットボトルに詰めてホテルの風呂に足し温泉気分を味わいました。

f:id:novembre1117:20170218220141j:plain

 

f:id:novembre1117:20170218220142j:plain

f:id:novembre1117:20170218220143j:plain

 

 

ナポレオンⅢ公園。

天気が良くて、陽に当たってると暖かかった。

f:id:novembre1117:20170218220144j:plain

f:id:novembre1117:20170218220145j:plain

 

 

街並み。所々、寂れた感が見え隠れする。

f:id:novembre1117:20170218220146j:plain

f:id:novembre1117:20170218220147j:plain

 

広告を非表示にする